中年の危機

40歳(間近)の無能おじさんの日記

連帯保証になってって・・・

こんばんわ サバイブです。

 

今日はちょっと悩ましい相談を受けました。

学生時代の友達で会社員5年目ぐらいの時に一緒に仕事したことある友人が、娘が大学に行くから奨学金の連帯保証人になってって相談を受けた。

金額を聞いたら100万円という微妙な金額。

 

連帯保証人って闇金うしじま君とかの影響ですごく危険なイメージしかない。

その友達は俺に仕事をちょいちょい出してくれる可能性もあるのだが、先行投資で100万円を貸すようなものなので難しい。。。

 

奨学金にしては100万円って安い気がするし、本当に奨学金でサインするのかもわからない。友達はサラリーマンをしているし、副業で仕事もしていてこの間は80万円の副業案件を受けたと言っていた。だったらそこから捻出すればいいじゃないと思うのが普通なのだが。。。

 

俺が安定した職場で将来に不安がない状態なら、連帯保証人ではなく100万円ぐらい貸してあげてもいいんだけどいつ首になるかわからない窓際社員だ。

リスクを考えたら無理すぎる。。。

 

そもそも金貸してとか連帯保証人になってって友達なのだろうか。もう10年近く会ってないけども。。。

 

孤独なおじさんだからそういう友達しか居ないんだな。悲しすぎる。。。

お金にも人にも恵まれない人生だった。まあ俺が人間不信なところあるし人とのコミュニケーションが苦手だからしょうがないんだが。

 

友達にはとりあえず保証機関を使えないか進めておいた。しかし未読スルー。

副業のとっかかりが1個消えたと思うがしょうがない。。。

 

■今日の支出

0円